--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
2010/03/18

【随筆・雑感】個人的におすすめのTwitterツール

Twitterを初めて3ヶ月、このツールにも段々慣れてきました。

最近僕の周りの友人もどんどんTwitterに参戦してきています。Twitter推進派(?)の自分としては嬉しい限りですね。
なので主にそんな友人のために「最初からこれ知ってれば良かったなー」というツールをいくつか紹介しておきます。
他にも便利なツールは沢山有ると思うので、随時探してみて下さい。


○専用Web・クライアント
個人的にTwitteは「公式web」と「携帯Web」だけで運営するのはかなり辛いです。
特にフォロー数が増えてくると、公式Webや携帯WebのTLだけでは情報管理が難しくなります。
そこでリストを活用しつつTwitter用のクライアントや専用Webを使用すれば、この辺りの弱点は解消してかなり快適になります。
ちなみに自分が使っているのは以下の2つです。

HootSuite(PC)
これは、Fix HootSuiteを併用して使うとさらに快適です。Google Chromeの拡張が必要ですが。HootSuiteの「狭い」「写真が出ない」「いちいちアカウントをクリックしなければならない」といった弱点が一気に解消されます。
個人的にはこの組み合わせがお気に入りなんですが、他にもTweetDecktweenなど優秀なクライアントがネット上にたくさん存在しているので、自分の好みに合わせて選んでいけば良いと思います。

モバツイ(携帯)
「リスト毎に閲覧できる」「非公式RTができる」この2つができるだけでも全然違うので、現在携帯webを使っているなら、このモバツイを使うことをおすすめします。iPhone所持者の方はぜひ専用アプリを。僕はiPhoneユーザーではないので、ここはあまり詳しくありません…


○検索ツール
twpro
Twitterのプロフィール検索エンジン。

TwitterSearch
キーワードで世界中のツイートを検索することができます。
公式webの検索よりもはるかに便利です。

ふぁぼったー
大量に「お気に入り」登録されたツイートを一気に閲覧することができます。
ログインすれば、フォロワーがお気に入り登録してくれた自分のツイートも見ることができます。

buzztter
Twitter上で「今アツイ!」単語をタブで大量に紹介してくれます。

hashtagsjp
ハッシュタグの検索エンジンです。検索すると、関連するハッシュタグも紹介してくれたりします。


○管理・装飾
twiLog
自分のつぶやきをブログ形式で保存することができます。ライフログとして活用するには持って来いだと思います。

背景テンプレート集
公式Webのテンプレートにこだわりたい人には便利かもしれません。

ManageTwitter
フォローリストを整理したい時に使えます。「全然ログインしない人」や「自分をフォローしていない人」などをリストで閲覧でき、選択で一括削除(remove)することができます。


○写真・音楽を投稿する
TwitPic
ここで写真を投稿することができます。

twaud.io
自作の音楽ファイルを投稿することができます。


こんな所でしょうか。自分もまだTwitter初心者ですが、最低限これを知っていれば「Twitter面白いじゃん!」と感じるには十分ではないかと思います。個人的にはフォロー数100を超えた辺りからTwitterが面白くなってきたので、最初は上の検索などを使ってどんどんフォローしたら良いと思います。

では。

<参考文献>
フォロー相手が多すぎる?それならManageTwitterが便利なツール

勝間和代公式ブログ: 私的なことがらを記録しよう!!
 

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
(2009/11/05)
ジョエル・コム

商品詳細を見る
随筆・雑感 | Comments(0) | Trackback(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
2010/03/05

【本】本を読む本

世間では、読書の教科書的存在と言われている本です。

書籍情報


本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10/10)
J・モ-ティマ-・アドラ-V・チャ-ルズ・ド-レン

商品詳細を見る


書籍内容


【個人的要約】
世の中には読むに値する良書とそうでない本が有る。そこを見極めて、良書に時間を投資することが重要である。
まずは本を点検する。ここで「これは良書ではない」と判断したら、そこで読書を終了しても良い。
もし、自分に血肉化したい良書と判断したなら、点検後に分析をする。
そして、深めたい知識が見つかったら、多読によって考察を深める作業に移る。
また、「教養書」と「文学・小説」は一般に読書の目的が異なるため、異なるアプローチを採用するべきである。



以下にこの本の主な骨格を紹介します。

【読書レベル(教養書)】
作者が提唱する読書のレベル。
点検して、分析して、その後ひとつの知識を深めるために多読をする、という3つの段階。

○点検
全体の構造を調べて、部分がどう全体を構成しているかを知る段階。
速読というメタスキルは、この段階を高速で行っているものという解釈。
情報収集だけが目的なら、この作業だけで十分事足りる本も多い。

●拾い読み
表題、目次、カバー、索引、かなめの章を読んで、どんな本かまず構造化。

●表面読み
難解な本ほど、まずは一回読み通すことを心がける。後ろにヒントがある可能性は非常に高い。

●質問してみる
「どんな種類の本?」「全体として何を言おうとしている?」


○分析
点検が終了して、解釈し、批評する段階。
本を自分の身体に血肉化する段階。

●見分ける
全体を2~3行で要約してみる。
そして、著者が解決しようとしている問題を提示してみる。

●解釈
キーワードやキーセンテンスを見つけて命題を把握する。

●批評する
その本を批判する場合は「著者の知識不足」「知識の誤り」「論理の欠如」「説明不足」に焦点を当てる。
根拠の無い批判はもっての他。また、解釈が終了するまで批評しないのもある意味エチケット。


○シントピック
分析が終了して、(主に)一つの知識を多読によってあらゆる側面から見る段階。
ここが「読書」の目指す最終地点。


【小説の解釈】
小説は教養書と目的が違う。目的が違うので読み方も異なってくる。
主な重要な点は以下の2つ。

○小説は読者を楽しませるもの
小説は教養書の様に知識の伝達を主としていない。読者を楽しませるもの。
そして「この小説はなぜ楽しいのか?」を明らかにするのは非常に難しい。

○読むときは「積極的受身」で
文学は一気に読んで没頭する。「心任せ」に読むべき。
そして物語の中の経験を共有して喜びを得る。
知識を得るためにタカの目になる教養書とは別に考えた方が良い。




個人的感想 ★★★★★
初版が1940年。その後淘汰されないだけあって、読み応えはかなり有ります。

「速読」はあくまで点検段階にあるということ。「教養書を読むこと」と「文学を読むこと」は一般に同じ「読書」という言葉で表されていても目的・アプローチが異なること。この辺りをクリアに論じている所が個人的に魅力でした。

本を読むのが趣味な人は、ジャンルを問わず、何らかの気づきを得ることができると思います。おすすめです!
| Comments(0) | Trackback(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
2010/02/18

【本】思考の整理学

頭の中を整理しようという本です

書籍紹介



思考の整理学 (ちくま文庫)
思考の整理学 (ちくま文庫)
(1986/04/24)
外山 滋比古

商品詳細を見る



書籍内容


「『忘れる』ことは思考の整理に大きく貢献する。何が重要で何が重要でないか整理し、後者は捨てよう。逆に、忘れないように!という緊張から来る不安は、思考を停止させ、整理も妨げる。本を読む時も、適度にメモを取って、安心してそれを忘れ、そして次に進もう。そして、知識を手に入れたら、数日間寝かせてあげて、脳に整理する時間を与えよう」


これが自分の要約です。「整理すること=忘れること」という発想が、自分の中で新しかったです。


忘れて整理

勉強し、知識を習得する一方で、不要になったものを、処分し、整理する必要がある。何が大切で、何がそうでないか。これが分からないと、古新聞1枚だって、整理できないが、いちいちそれを考えてる暇はない。
(中略)
頭を良く働かせるには、この、"忘れる"ことが極めて重要である。頭を高能率工場にするためには、どうしてもたえず忘れていく必要がある。

自分の価値観の元、重要ではないと判断したら、積極的に忘れ、重要なものを整理する。


寝かせて整理

勉強家は朝から晩まで、同じ問題を考えている。いかにも勤勉なようだが、さほど効率は良くない。田舎の勉強、京の昼寝、というが、時間のありあまりほどある人が、没頭して時間の移るのを忘れる勉強をしても、それほど、うまくいかない。むしろ、休み休みの方が進むものは進む、ということを教えた言葉であろう。

詰め込みすぎて、頭がカオスにならないよう、生産的休息を取る。


その他、論文の書き方のコツや論理の整理についても本の中で言及していました。


個人的評価 ★★★☆☆

個人的にはもう少し科学的な事実も絡めて欲しかった。
その方が多分自分好みでした。


おすすめしたい人

・論文を書かなきゃいけない人
・知識を整理したい人
| Comments(0) | Trackback(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
2010/02/11

【本】それでもなお、人を愛しなさい

書店で何度も題名を見て、何かずっと気になってた1冊。

書籍情報


それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条それでもなお、人を愛しなさい―人生の意味を見つけるための逆説の10カ条
(2002/08)
ケント・M. キース

商品詳細を見る



書籍内容


不合理で理不尽な世界で、批判に悩んでいる時の、逆説の10カ条。
マザー・テレサも感動して引用したという格言です。

【逆説の10カ条】

1.人は不合理で、わからず屋で、わがままだ。
  それでもなお、人を愛しなさい。

2.何か良いことをすれば、利己的な動機があるはずだと人に責められるだろう。
  それでもなお、良いことをしなさい。

3.もしあなたが成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。

4.今日の善行は、明日には忘れられる。
  それでもなお、良いことをしなさい。

5.率直でそして正直であれば、あなたは傷つくかもしれない。
  それでもなお、誠実で、そして正直でいなさい。

6.大きな理念を抱く大きな人は、小さな心を持つ小さな人に撃ち落される。
  それでもなお、大きな理念を抱きなさい。

7.人は弱者に同情するが、結局、強者になびいていく。
  それでもなお、少数の弱者のために、戦いなさい。

8.何年かかって築き上げたものは、一夜にして崩れ去るかもしれない。
  それでもなお、築きあげなさい。

9.助けを必要としている人を、本当に助けたら、あなたは攻撃されるかもしれない。
  それでもなお、人を助けなさい。

10.持っている最高のものを、世の中に与えたら、自分は酷い仕打ちを受けるかもしれない。
   それでもなお、世界のために最善を尽くしなさい。

全体を読んで、「成功にこだわらず、自分が正しいと思うことをやりなさい」というメッセージも受けました。


個人的評価 ★★★★★


この格言はマザー・テレサが創ったものだとずっと思ってました。実はハーバードの大学生だったんですね。

3.もしあなたが成功すれば、うその友達と本物の敵を得ることになる。
  それでもなお、成功しなさい。


個人的に一番響いたのはこれです。努力すればするほど、批判を浴びるという状況を昔経験したことがあるので・・・。
時々でも、こういう格言に触れると、何か元気が出ます。
そして今より、大学を卒業して社会人になってから、また読み返したくなるような気がします。


おすすめしたい人


・理不尽な批判に悩んでいる人
・元気を出したい人
| Comments(0) | Trackback(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
2010/02/11

【本】FREE ~無料からお金を生み出す新戦略~

本は有料でしたが。

書籍紹介


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
(2009/11/21)
クリス・アンダーソン

商品詳細を見る


書籍内容


まず、プロローグに、本書の目的が書いて有ります。引用すると、

無料にはパラドックスがある。料金を取らないことで、大金を稼いでいる人々がいるのだ。すべてとは言わなくても、多くのものがタダになっていて、無料か無料同然のものから一国規模の経済ができているのだ。それはどのようにして起こり、どこへ行こうとしているのだろうか。これが本書の中心となる疑問だ。


自分が一番最初に頭に浮かんだのは「グーグル」。あとは、「メイプルストーリー」といったオンラインゲームとか、最近台頭してきた「USTREAM」辺りですね。自分の脳内インスピレーションですが。

これらのビジネスが成立する理由を、本書は数多く挙げているのですが、
解説の中で個人的に興味が湧いた箇所を挙げておきます。
それは「内部相互補助」「フリーの心理学」「非収益化」の3つです。

内部相互補助
これらのビジネスを成立させている一つのシステムとして「内部相互補助」という形態があります。
内部相互補助の本質は、「この世にタダのランチはない」という言葉で表されており、引用すると

実際にランチを食べた者がお金を払わないとすれば、それは結局、その人にランチを提供しようという誰かが払っているにすぎないのだ。


つまり、無料を他の有料がカバーしているというのが「内部相互補助」です。

これには
「無料のものを提供して、他の有料のものも買わせようとする」直接的内部相互補助。
「二者が無料で交換することで市場を形成し、そこに第三者(広告主など)がそこに参加するために費用を払う」三者間市場。
「平均約5%の有料プレミアム会員が無料会員を支えている」フリーミアム。
といった種類に分かれています。ここを読んで、FREEのお金の流れのフレームワークがはっきりしました。


フリーの心理学
人々が「無料」という言葉に弱いのは、「失うという選択をしなくて良い」事が大きいようです。

人間は生来、怠け者なので、できるだけ物事を考えたくない。だから、私たちは考えずにすむものを選びやすい。


何かが無料になると、人間が本来持っている「失うことの恐れ」の心理から、失わないというだけで価値があると思ってしまうという。確かに自分も「無料」というだけで、美味しくないお菓子を試食してしまったりしますしね。試食に数円かかるならおそらく食べませんし。そういうことを言っているんだと思います。


非収益化
非収益化というのは「人々が欲するものをタダであげて、彼らが必要とするときだけに、有料で売るビジネスモデルを作れば良い」という考えです。

これが上手くいった例が、中国で海賊版被害にあったマイクロソフトの戦略です。

「中国では1年に300万台のコンピューターが売れているにも関わらず、人々は私たちのソフトウェアにお金を払ってくれません。」「でもいつの日か払ってくれるようになるでしょう。だから、どうせ盗むのならば、わが社の製品を盗んで欲しい。彼らがわが社の製品に夢中になっていれば、次の10年でお金を集める方法を考え出せるはずです。」
(中略)
中国は以前より豊かになり、コンピューターは安くなった
(中略)
マイクロソフトは当時流行のネットブック用OSを、通常版の4分の1以下の約20ドルで提供。不正コピーによってユーザーはマイクロソフトの製品を使っているので、新しい製品を選ぶときも、必然的にマイクロソフトを選ぶようになった。



この場合は海賊版被害が例になっていますが、先にネットワークを構築してからトリガーを引くという戦略は、SNS(突然の有料会員募集)やオンラインゲーム(有料のレアアイテム)など至る所で見受けられ、FREEの基本的な戦略の例として挙げられています。


個人的評価 ★★★★★


個人的に興味が有る「行動経済学」の話が出てきたので、若干テンションが上がりました。

おすすめしたい人


・「無料」という言葉に弱い人
・グーグルやSNSに興味がある人
・経済学に興味がある人


| Comments(0) | Trackback(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。