--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
2011/01/18

読書録 2011年1月前半

1月前半に読んだ本リストです。
読書録も定期的にちょくちょく付けようと思うんですが果たして続くのか笑

最近は卒論に時間をとられてしまってるので、主にバイトの往復の電車の中でしか読めてません…


IMG_1080_convert_20110103230116.jpg


任天堂



任天堂 “驚き”を生む方程式任天堂 “驚き”を生む方程式
(2009/05/12)
井上 理

商品詳細を見る


任天堂ってあんまりメディアで経営について語ったりしないんだけど、この本の中でゲーム&ウォッチの頃からWiiの成功までを振り返りつつ任天堂の経営理念を紹介してます。

任天堂はニンテンドウ64からキューブを開発している時期にかけてハイスペックにこだわり始め(主にプレステの圧力が有ったんだけど)、その後完全にイノベーションのジレンマに陥ってしまう。その後客層が驚くゲームができれば枯れた技術だろうがなんだろうが活かそうということで、DSやWiiの開発でそのジレンマを克服していくっていうのが主な流れ。ちなみにWiiのコンセプトは「お母さんに嫌われないゲーム機」だったらしい(笑)それでコードが絡まらないようにリモコンを採用したのが最初だったとか。

任天堂ってかなり勢いの有る会社で、2008年の「FINANCIAL TIMES」によると一人当たりの利益率で見ると任天堂が160万ドルでグーグル(62万ドル)やGS(124万ドル)よりも高水準なんだよね。それでも給料がそんなに高くないってことは相当開発費に回せてる訳で。今後も期待してしまう。

ちなみにマリオやドンキーの生みの親である宮本氏は昔からのファンです。mixiコミュにも参加してるし(笑)


失われた町



失われた町失われた町
(2006/11/24)
三崎 亜記

商品詳細を見る



「30年に1度、何の前触れも無く一つの町が忽然と姿を消す」という世界での人間関係を描いた小説。
しかも町が失われるとそこに住んでいる人も失われ、その失われた町や人に思いを馳せると汚染されて身体に障害を持ってしまうという条件付き。
失われてしまった家族や友人に思いを馳せることは許されておらず、感情を殺してただ受け入れることしかできない。

いい感じに引き込まれました。面白かったので続編の「刻まれない明日も」即買い!
紹介してくれたみむりん(@mymla_)ありがとー。


まぐれ- 投資家はなぜ、運と実力を勘違いするのか



まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのかまぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか
(2008/02/01)
ナシーム・ニコラス・タレブ

商品詳細を見る


今月上半期で読んだ中ではこれが一番面白かったかなー。

投資家達がランダム性に支配されている世界の中でいかに運と実力を見誤っているかを確率論(いかにまぐれであるか)や心理学・脳科学(なぜ自分の手柄だと思いやすいのか)を主な軸として読み解いていくっていう流れ。

まぐれなんだから努力は全部無駄だとか言うわけではなく、自分たちが住んでいる社会は「思っているより運で決まっている要素が多いよ」っていうのを示唆したい感じ。

ちなみに日本語訳の口調が少しキツいなと思ったらヤバい経済学と同じ望月氏だった。
スポンサーサイト
| Comments(0) | Trackback(0)
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーのはてなブックマーク数
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。